姿勢をよくする方法

姿勢が悪いと見た目以外にも被害がでる

姿勢が美しい人は、きれいに見えます。
逆に、猫背のような姿勢が悪い人は、なんだか暗いイメージがついてしまいどんなに容姿が美しい人であっても、良い印象はもたれません。美容面でもマイナスになります。

良い姿勢では血行促進基礎代謝が向上しますから、これが太りにくく痩せやすい体質を作っていきます。
しかし、悪い姿勢では血行や代謝機能が低下することになり、太りやすい体質となるのです。

他にも、ウエストやヒップが引き締まり、バストが豊かになります
ナイスボディとまではいかなくても、適度に出るところは出て、引っ込むところは引っ込むようになるのです。

また、姿勢というのは、見た目や美容を左右する大事な要素なだけでなく、体の健康状態までも左右するものなのです。姿勢が悪いと体中が歪むようになり、それが健康にまで大きな影響を与えていきます。
美しく、健康であり続けるためにも、良い姿勢というのは大事なものなのです。

では、悪い姿勢でひきこされる健康への悪影響とは、一体どんなものがあるのでしょうか?

特に被害が出やすいのが首や肩です。
悪い姿勢というのは、首や肩、腰への負担が強くなりがちなのです。そして、日常生活における動作がいちいちきつくなるだけでなく、歩くことや走ることにも負担を感じるようになります。ゆがみが出てくることで正座するのも辛く感じ、スポーツでも動きが悪くなります。

良い姿勢にすることでこれらの動作が楽になるのはもちろん、自然と腹式呼吸が身につきますからよく声がでるようになります。しかも、腰痛やO脚、胃下垂、骨盤臓器脱、外反母趾といった症状も緩和されていく…といったこともわかってきているのです。

悪い姿勢は心にも影響を与える

悪い姿勢の人は、見た目からもマイナスイメージが多くなりますが、それは心にも影響するもの。
いつしか、姿勢と同じように心も変に曲がってくるようになるのです。

姿勢が悪いと落ち着いて集中する力が低下しますから、仕事や勉強などに集中してやる気がでなくなります。そして、そわそわと落ち着きがなく、不安を感じることも多くなります。

たかが姿勢でそこまで気持ちが落ち着くものかと思われるかもしれませんが、意外と姿勢による精神面への影響力というのは馬鹿にできないものがあるのです。

実際に良い姿勢な人ほど、ポジティブ思考が強く集中力が高い。
その表情も豊かな、みるからにやる気も伝わってくる雰囲気となっています。

悪い姿勢というのは、知らず知らずに体と心を低下させる力をもっています。
しかも生活習慣病の一因ともなることもあるのですから、気を付けていきたいですね。

↑ PAGE TOP